フィット3ハイブリッド日記2013


フィットハイブリッド日記に変わりました
by rakusitenettaigyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
フィットハイブリッドのリコー..
at 2014-02-23 16:50
フィット3ハイブリッドのリコール
at 2013-12-21 18:55
給油2回目冬の燃費はやっぱり悪い
at 2013-12-17 18:58
鳥の糞
at 2013-11-30 10:38
1000km超え
at 2013-11-26 19:00
カテゴリ
ブログパーツ
外部リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
リンク他
072.gifアクアリスト
THE NATURE AQUARIUM

072.gifショップ
charm本店
charm楽天市場店
ディスカウントアクア
WASABI

072.gifその他
観賞魚ブログ村
XREA.COMカウンター

昨日

トータル(2012.1.3~)

今日

ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:DIYヒーターインステン水筒( 3 )


DIYビルトインヒーターインステンレス水筒~テスト編

a0249003_1251262.jpg

先日、完成したビルトインヒーターインステンレス水筒

昨日半日かけてテスト通水しました。
漏れると怖いのでバケツに入れてテストです。(^^ゞ
テストの結果は、ばっちりと水漏れなしでした。
ヒーターもONにしてみましたが、きちんと通電して水温調整できていました。

これでミニM水槽に使えそうです。
これからの暑い時期にヒーターは不要ですが、この水筒には冷却装置としてもがんばってもらおうと考えています。
その仕組みについてはミニM水槽を立ち上げてからになります。
この水筒とペルチェ式水槽クーラーP-3041との組み合わせで、暑い季節を乗り切ります。

ちなみにミニM水槽は2階の廊下に設置予定です。
60cm水槽と同様に部屋クーラーはなく、夏場は過酷な環境になります。
この冷却コラボでどこまで冷えるかがポイントです。
[PR]

by rakusitenettaigyo | 2012-06-07 12:59 | DIYヒーターインステン水筒

DIYヒータービルトインステンレス水筒~ヒーター接続編

前回のコネクター接続編に続いてヒーター接続編です。

a0249003_9352098.jpg

ヒーターはGEXの一体型ヒーターDS65です。
ミニM水槽に使用するので65Wでじゅうぶんです。
で、500mlボトルに入るコンパクトさも必要です。
DS65は問題なく入ります。

a0249003_938122.jpg

まずはステンレスボトルのふたを加工します。

ヒーターのコードを通す穴を開けます。
小さめのドリルで少しずつ穴を広げていきます。
コードがきっちりと通るくらいの穴がいいと思います。
後でコーキングしますが、ぴったりサイズのほうが水漏れしにくです。

ちなみにこのステンレスボトルはケーヨーデイツーで買いました。
298円
失敗しても2個目を買えます。
ふたのパッキンはシリコン製?のようなので安心です。

a0249003_9433276.jpg

コードの太さが約5mm

電動ドリルで4mmまで広げて、あとはリーマーで慎重に広げていきました。

a0249003_9461327.jpg

ヒーターのコードを適当なところでカットして、ふたの穴に通します。

ここは水槽用のコーキング剤でしっかりととめておきます。
これを怠ると水漏れ必至です。

a0249003_94814.jpg

ふたの内側もしっかりとコーキングしました。

これでヒーターのコードがぐらつきにくくなり、ボトル内でも安定します。
もちろん水漏れ対策も万全です。

a0249003_950467.jpg

カットしたコードを接続します。

ここの作業は苦労しました。
電気素人ですし、コードの被覆をはずすのがなかなかうまくいきませんでした。
ヒーターコードの中には4本のコードが入っていました。
素人なので2本だと思っていました。(^^ゞ

a0249003_9525076.jpg

コードの接続にはキボシ端子を使いました。

電気素人はホームセンターで電気用の接続子を買いましたが、この接続部分がけっこう大きいのです。
絶縁テープでまとめるには大きすぎのようです。
いろいろと調べてキボシ端子を発見しました。
これはカー用品のようですね。
電気用の接続子は無駄になってしまいました。(^^ゞ

このキボシ端子も失敗の繰り返しでした。
安物の圧着工具ではうまく圧着できないことがあります。
失敗して数個はダメにしてしまいました。
5000円くらいする工具でないとうまく圧着できないように思います。

a0249003_9581344.jpg

完成の図

接続部分を絶縁テープでぐるぐる巻きです。
絶縁キャップもしっかりと付けています。
水周りで使うので絶縁は確実にしておく必要があります。

素人なのでここまでけっこう時間がかかりました。

かかった費用は・・・

ステンレスボトル×2個:298円×2個
圧着工具:598円
グロメット:178円
絶縁テープ:38円
キボシ端子:198円
バスコーク:348円
エルボコネクター×2個:310円×2個
GEXオートヒーターDS65:2380円

合計:4956円

これでうまくいけば安くできたほうだと思います。
問題はきちんと水漏れなく動作するか・・・

後日、テスト編に続きます。

水周りに使用するもので電気系の加工なので、される方は自己責任でお願いします。
[PR]

by rakusitenettaigyo | 2012-06-06 10:10 | DIYヒーターインステン水筒

DIYヒータービルトインステンレス水筒~コネクター接続編

先日の準備を経て、今日作成しました。

ヒータービルトインステンレス水筒

今日も失敗の連続でした。

長いですが、ちょっと振り返りを・・・

a0249003_14201057.jpg

まずは、ステンレスボトルの加工

2ヶ所に電動ドリルで下穴を開けます。
ステンレスのためか、これがけっこう開きにくかったです。
下穴を開けてからは、リーマーという穴開け用の工具で穴を広げていきます。

a0249003_14254199.jpg


さっそく失敗の図

上のボトルが失敗加工
下側の穴が6角形のようになってしまいました。
リーマーで調子こいて急いで加工するときれいな円形になりません。
ゆっくりとていねいにするときれいな円形になりました。
失敗してホームセンターへ2本目のボトルを買いに行きました。(^^ゞ
下のボトルがうまくいった穴あけです。

リーマーはサイズがあってNO1とNO2を使いました。
小さめのNO1で下穴を広げてからNO2で穴を大きくしました。
ここまで慎重にする必要はないかもしれません。

a0249003_14301564.jpg

開けた穴にグロメットというゴム製品を装着します。
田舎の大き目のホームセンターにはありました。
小さめのホームセンターではなかったです。
ゴム板やゴム製品を置いているところにありました。
けっこう探すのに苦労しました。(^^ゞ

a0249003_1436159.jpg

グロメットのサイズも何種類かあります。

今回はΦ9/12mmのエルボコネクターを使っているので、見た目に約1cmくらいのものをチョイス
このグロメットも失敗しました。

穴を開けた後にしっかりとバリ取りをしないとゴムが裂けてしまいます。
エルボコネクターがギリギリ通るくらいの穴の大きさなので、ちょっとの力加減でゴムが裂けてしまいます。
1袋6個入りですが、すべて使ってしまいました。
これも予備の追加購入に行きました。(^^ゞ

a0249003_1441772.jpg

続いてエルボコネクターの加工

これはエーハイムのエルボコネクターΦ9/12mmです。
ここでも失敗です。
このコネクターは3つの突起があります。
この一番外側の突起がくせものでした。
この突起のでっぱりが大きいためにボトルの穴に通りにくいのです。
無理に通そうとするとグロメットが裂けました。
穴を大きくしていまうと、エルボコネクターの根元ではゆるくなってしまいます。
そこでエルボコネクターを加工しました。
ボトルに差し込む側の突起をすべて削り取りました。
これで容易に穴に差し込むことができ、エルボコネクターの根元でジャストフィットします。

a0249003_14475347.jpg

さらに排水側のエルボコネクターを加工しました。
突起の2個目までを切り落としました。
これはボトル内のエア抜けをよくするためです。

a0249003_15464999.jpg

吸水側のエルボコネクターはボトル内に出っ張っています。

a0249003_15483632.jpg

排水側のエルボコネクターは出っ張りはほとんどありません。
これでエア抜けが容易になります。

a0249003_1551394.jpg

グロメットにエルボコネクターを差し込むときはワセリンをたっぷりと塗っておきます。
これで差し込みやすくなるのと、ちょっとだけ水漏れ防止にもなります。

a0249003_16321621.jpg

ようやくステンレスボトルにエルボコネクターをセット完了

ここまでも失敗の連続でした。

ヒーター接続編に続きます・・・

が・・・ここでも失敗ばかりでした。
[PR]

by rakusitenettaigyo | 2012-06-04 14:50 | DIYヒーターインステン水筒