フィット3ハイブリッド日記2013


フィットハイブリッド日記に変わりました
by rakusitenettaigyo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
記事ランキング
最新の記事
フィットハイブリッドのリコー..
at 2014-02-23 16:50
フィット3ハイブリッドのリコール
at 2013-12-21 18:55
給油2回目冬の燃費はやっぱり悪い
at 2013-12-17 18:58
鳥の糞
at 2013-11-30 10:38
1000km超え
at 2013-11-26 19:00
カテゴリ
ブログパーツ
外部リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
リンク他
072.gifアクアリスト
THE NATURE AQUARIUM

072.gifショップ
charm本店
charm楽天市場店
ディスカウントアクア
WASABI

072.gifその他
観賞魚ブログ村
XREA.COMカウンター

昨日

トータル(2012.1.3~)

今日

ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧


今年最後の水景はミニMで

2012年12月31日

a0249003_14575718.jpg

2012年最後の水景はミニMです。

なんとかもち直してきました。
昨日、最後の水換えのつもりでしたが今日もやってしまいました。

a0249003_1513220.jpg

それはこれを買ってきたため。

今年最後の日もアクアショップです。
ヤマトヌマエビを5匹買ってきました。
ミニMに2匹、60cmに3匹追加です。

わざわざ大阪まで地味な買い物でした。

a0249003_1551184.jpg

NEWラージパールも満開?

初めての挑戦でしたが、うまく絨毯化してくれました。
ライトグリーンが鮮やかです。
来年にはトリミングですね。

a0249003_1594076.jpg

今年はアクアでもいろんなことがありました。

いろんなことがいい経験になりました。
また来年もよろしくお願いいたします。
[PR]

by rakusitenettaigyo | 2012-12-31 15:11 | ミニM水槽日記2(リセット後)

今年最後のトリミング&ウェーブ

2012年12月30日

a0249003_16275259.jpg

今日は今年最後のキューバパールのトリミング

前回のトリミングは12月15日でした。
ちょうど半月前です。
この半月ですでに生い茂ってきました。
調子がいいと成長も早いです。
過去最高に調子がいいキューバパールグラスです。

今日も思い切ってトリミングしました。
特に前部分を重点的にトリミングです。
龍王石の根元などはトリミングをせず生い茂らせて、自然感が出るようにしています。

a0249003_1638236.jpg

いきなりですが、プロシザース・ウェーブ

今日はこれでトリミング
切れ味抜群です。
トリミングツールなどが大きくモデルチェンジされる予定です。
シンプルデザインのほうが好きなので、在庫があるうちに買いました。
モデルチェンジ後は「ADA」ロゴマークだらけになるようです。
偽者対策ですね。

a0249003_16471196.jpg

ウェーブ×2本

1本は以前から使っている偽ウェーブです。
偽者です。
大きさ、形ともにそっくり
しかし、切れ味は価格の違いと同様に大きく違いがあります。
ADAのほうがシャキッ!という感じの切れ味
偽のほうはザクッ!という感じです。ひっかかり感があるんですね。

これでキューバパールのトリミングが楽チンになります。
早く中景、後景がそろってくれればいいんですが。
[PR]

by rakusitenettaigyo | 2012-12-30 16:57 | キューブガーデン60日記2012~

小型ボンベレギュレーターKR-201

2012年12月29日

a0249003_7431221.jpg

先日、WPWから届きました。

小型ボンベレギュレーターKR-201

オールインワンタイプですが低価格のレギュレーターです。
微調整できるツマミでスピコンは不要です。

a0249003_7503429.jpg

奇跡的に復活したレッドビーシュリンプ

数匹が元気になりました。
本当によかったです。
これでレギュレーターを変えるとミニM水槽の本格再稼動です。

が、現在使用中の小型ボンベは残量がまだ余裕そうです。
今のがなくなってから交換予定です。
[PR]

by rakusitenettaigyo | 2012-12-29 07:58 | アクアリウムグッズ等

ADAへの問題提起

2012年12月28日

>ADAは責任ある行動をとっていると言えるでしょうか。
自分たちの姿勢は棚に上げておいて・・・

先日の私のブログの締めくくりです。
今日の記事は本当は書くつもりはありませんでした。
しかし、ADAの対応に納得できないものがあったのであえて問題提起として載せます。

誤解を生じないためにも事実を時系列で記載します。
内容はES-300に関するものです。

12月4日
スーパージェットフィルターES-300購入

12月7日
ES-300設置するが爆音
ADAサポセンと特約店へ電話して確認
「エア噛みの可能性があるため様子をみることに」
しかし、当日中に爆音が×10倍に。
セット当日にとりはずして購入店のディスカウントアクアへ持ち込みADAへ返送して点検してもらうことに。
そして、問題の動画をアップ・・・



12月10日
ADAから電話連絡
「初期不良ということでポンプを新しいものに交換してもらうことに」

12月12日
ポンプ交換後のES-300が自宅に届く。
ミニM水槽にセッティングして爆音はなし。

夕方、ADAのスタッフから電話あり。
ES-300の調子伺いの電話内容
セッティング後の調子などを話す。
そして、電話の最後に問題のひとこと・・・
「そちらのブログと動画を見ました。新製品を発売したところですし(ES-300爆音の)動画を削除していただけないでしょうか。」

削除についてはすぐに返事できないことを伝える。
いろいろと考えた結果、削除しないことにする。
で、だんだんと削除依頼されたことに対して不満と怒りがこみ上げてくる。

12月16日
動画削除依頼されたことに対して「メーカーの評価操作ではないか」とADAにクレームのメールを送る。
動画は削除しないことも伝える。

12月17日
ADAスタッフ○○さんよりメール返信あり。
「動画の削除については私の判断で削除していただきたいとお願いしたものです。○○様がこのように不快に思われたことについて謝罪させていただきます。大変申し訳ございませんでした。」
あくまでも個人の判断で動画削除を依頼したと訴える。
個人の判断だと言われれば、メーカーに責任がないのか、という疑問が生じます。
今回のことはあくまでもADAという企業の体質の問題だと思っています。
」と返信をする。

ADAのHPにようやくES-300の初期不良について細々と告知される。
そのことを記事にする。

12月26日
問題のADAメールマガジン
「最近はネット上のブログや掲示板などで一般のお客様が製品に関するコメントをたくさん書かれていますが、責任のある内容ではないため情報が間違っている場合も少なくありません。風評に惑わされないためにも、製品に関するご質問は小さなことでも、まずADAサービセンターにお問い合わせください。」

あきらかに私のブログのことだと思い、確認の電話とメールをしました。
電話での対応はひたすら謝罪されるだけでした。
メールでは・・・先日記事にしたとおりの内容の返事でした。

「責任のある内容ではないため情報が間違っている場合も少なくありません。」と言っておきながら、ADAの姿勢に責任感を感じなかったのでその点を確認しました。
「ADAは私の動画削除依頼をしてきたのですよ。ADA自身の無責任な発言は棚に上げておいてユーザーにはあんなメール配信ですか」と伝えました。

ADAからの回答は・・・
「ご購入いただきました製品につきまして、それを撮影した写真や動画をブログや動画投稿サイトで公開されることはお客様の自由であり、法律に抵触しない限り弊社がこれを制限する根拠はありません。
この回答をするにあたり、○○様と弊社営業部とのメールでのやり取りも確認させていただきましたが、動画の削除依頼につきましては対応しました弊社社員による個人的な判断であり、後日、同社員よりこの発言のとり下げ(発言の取り下げなんて言われていません)と謝罪を行っているものと理解しております。
 また、動画の削除依頼を無責任な発言と思われるお気持ちも理解できますが、この一件と今回のメールマガジンの内容につきましては関連性がありませんことご理解願います。」


12月28日
私からADAにメール
「個人的には謝罪していただきました。しかし、メールで書かせていただきましたが、ADAスタッフ個人の発言=ADAの発言ではないのですか。個人的な判断というのはとても信じられませんし、もし個人的な判断だとしてもそれを「個人の責任」と言ってしまうADA(あるいは○○さん?)の姿勢に驚きです。こんな姿勢があるからこそ信じられなくなるのです。ユーザーには個人とか個人でないとか、そんなの関係ありません。ADAという企業の体質の問題だと思います。」と伝える。

28日の早朝にメールしましたが返事はありませんでした。

こんな感じの流れです。
いかがですか。

ADA製品?
好きです。
いいものはこれからも買うつもりです。
[PR]

by rakusitenettaigyo | 2012-12-28 21:59 | ADA製品

ADAに物申す

2012年12月27日

12/26配信のADAメールマガジンより

「最近はネット上のブログや掲示板などで一般のお客様が製品に関するコメントをたくさん書かれていますが、責任のある内容ではないため情報が間違っている場合も少なくありません。風評に惑わされないためにも、製品に関するご質問は小さなことでも、まずADAサービセンターにお問い合わせください。」

すでにいくらかのブログでも取り上げられています。

どう見ても私のES-300爆音記事に対するものだと思いました。
このメールを読んだ瞬間にがっかりというか、悲しいというか・・・

昨日、このメール内容について電話とメールでADAに問い合わせをしました。

>「最近はネット上のブログや掲示板などで一般のお客様が製品に関するコメントをたくさん書かれていますが、責任のある内容ではないため情報が間違っている場合も少なくありません。風評に惑わされないためにも、製品に関するご質問は小さなことでも、まずADAサービセンターにお問い合わせください。」
という記述につきましては、特定のブログや掲示板を想定しているわけではなく、あくまでもネット上の不特定多数の情報発信手段に対する弊社編集部の見解として書いております。

ということなので特定多数のブロガーの方はご安心ください。
すっかり私のブログのことだと思いました。
安心しました。

って!そんなはずありません。
こんな説明で納得できるでしょうか。
さすがADAです。

ADAは責任ある行動をとっていると言えるでしょうか。
自分たちの姿勢は棚に上げておいて・・・
[PR]

by rakusitenettaigyo | 2012-12-27 19:52 | ADA製品

ミニMに茶ゴケ発生

2012年12月26日

a0249003_18375368.jpg

先日に発生したCO2過添加事件から1日

早くも茶ゴケ発生です。
渓石に茶ゴケが付いてきました。
おそらくはレッドビーが落ちていったため、アンモニア、亜硝酸塩が上昇したためと思われます。
残ったレッドビーも動きが鈍いです。
なかなか厳しい状況かと思われます。
今日も水換えをしておきました。
水槽の状況を見てこれからも水換えが必要です。

たて直しに時間がかかりそうです。(T_T)
[PR]

by rakusitenettaigyo | 2012-12-26 18:48 | ミニM水槽日記2(リセット後)

レッドビーシュリンプほぼ壊滅状態

2012年12月25日

世間はクリスマスだというのに最悪な始まりでした。

いつものようにミニM水槽の水換えを始めました。

アクアスカイのスイッチをON

・・・

a0249003_11194983.jpg

CO2ミュージックグラスから恐ろしい勢いでCO2が噴き出してきます。
(上の写真は添加量をしぼったあとの状態です。エアレーションのようにブクブクと出ていました)
CO2カウンターはほぼ連続添加状態!

うちはタイマーでアクアスカイとCO2電磁弁を連動させています。

・・・!!!・・・

レッドビーが固まっています。
何匹かはひっくり返っています。

酸欠&PHショック!

すぐにピンときました。

しかし、時すでに遅し・・・

稚ビーもひっくり返っています。

新しいスピコンをセットしたのが12/23
この日は問題なかったと思うのですが、昨日12/24にアクシデントが起こったものと思われます。

おそらくは、タイマーONとなった同時にばく大な量のCO2が添加され続けたのだと思います。
そして、PHは一気に酸性に・・・
考えただけでも恐ろしい光景です。
レッドビーたちは苦しかったに違いありません。
昨日はCO2添加状態のチェックを怠っていました。
スピコンで添加速度を調整したときは、添加量のチェックが2日間は必要だと思っていたのに・・・
昨日は仕事で見れませんでした。

a0249003_1192312.jpg

スピコンの異常が原因かと思いますが、変えたばかりだったのでショックです。

しかし、ミニMのCO2添加システムはとても古いのを使っています。
おろらく10年ほど前、海水魚飼育をしていたときにCaリアクターに使っていたものです。
それも頂きもので使用期間もメーカーも不明
よくここまで使えていました。

今回の異常添加の原因はスピコンだと思うのですが、レギュレーターから電磁弁を含めたシステムのどこかの異常も考えられます。

このままではCO2添加ができないので、新しいレギュレーターをWPWで注文しました。
コスト削減のため電磁弁との一体型でスピコン不要のタイプを選びました。
電磁弁、レギュレーターが別々のほうがランニングコストは抑えられるかもしれませんが・・・

「これでまたADAのハサミが遠のいたな」と嫁さんに言われました。
今回のレギュレーターは送料を含めるとプロシザース・ウェーブ1本分に近い価格です。
なかなか厳しい現実です。

a0249003_11185191.jpg

なんとか無事なレッドビーもいるのでとりあえずはエアレーションを続けました。

おそらく夜間のエアレーションをしていなければ全滅だったと思います。
先日から夜間エアレーションを始めていたので全滅は免れたのだと思います。
しかし、瀕死状態のレッドビーも多々います。
なんとか復活して欲しいのですが・・・

今回は本当に反省です。
[PR]

by rakusitenettaigyo | 2012-12-25 11:24 | ミニM水槽日記2(リセット後)

エアレーションインライン&スピコン

2012年12月23日

a0249003_16232538.jpg

前回ニードルリーフルドウィジアをトリミングしたのは12/19

今日でまだ4日目
今度伸びてきたら密生感がアップしそうです。
NEWラージパールグラスもまもなく絨毯化です。

a0249003_16325787.jpg

ところが、先日からスピコンが壊れてしまったようです。

使用期間は不明ですが1年以上は使っているでしょうか。
まったくCO2コントロールができなくなってしまいました。
スピコンの寿命っていったいどれくらいなんでしょうね。

a0249003_16373829.jpg

新しいスピコンをオークションで購入しました。

が、このスピコンはジョイントが別売りになっていることに気がつきませんでした。

a0249003_1644810.jpg

新しいスピコンをセット完了

きちんとCO2調整できています。
今回は耐圧チューブを使っているのでスピコンの感度も良好です。
スピコンはチューブの長さや性能でCO2調整感度が変わります。
感度良好なのが調整しやすいです。

a0249003_16465793.jpg

こちらは60cmにセットしたエアレーションインライン

先日作成したものを使っています。

a0249003_16531613.jpg

ポピーグラスからいい感じのエアレーション

これでバクテリアにいい影響がでるでしょうか。
油膜対策にもなります。
うまくいけばVUPPAもいらなくなるかも?

今日から試しにVUPPAを止めてみました。
数日様子を見て油膜の発生具合を観察します。


a0249003_16553296.jpg

ポンプは水心SSPP-3S

エアポンプの定番でしょうか。
とても静かなエアポンプです。

これでうちの水槽は夜間エアレーションのシステムが整いました。
[PR]

by rakusitenettaigyo | 2012-12-23 16:59 | アクアリウムグッズ等

ES-300使用説明書訂正

2012年12月21日

a0249003_1937338.jpg

さて、騒音騒動はなんとかクリアしたES-300

といってもうるさいポンプ音ではあります。

もう一点気になっていたのがポンプのメンテナンス方法

以前にも少し触れましたが使用説明書の中には、
「リアケーシングにスピンドルが差し込みにくくなっています」や
「スラストはなくしやすいので、作業は慎重かつ的確に行ってください。」
と書いてあります。

なかなかメンテナンスのハードルが高そうです。
で、よく読んでも分解組み立てがイメージできません。

「ES-300に限りメンテナンスに不慣れな方は、メンテナンス(有償)をご利用ください」ともあります。
有償っていったいいくら?
不慣れな方って、どれくらいな感じ?

よくわからないことだらけの説明書です。

で、またADAのサポセンに問い合わせしました。

で、返事が返ってきました。

またもや驚かされました。

「製品に付属の説明書につきましては、組み立ての手順がやりにくいとのご指摘もありましたので、早急に差し替える予定となっています。差し替え部分のPDFを添付いたしますので、こちらもご参照ください。なお、消費電力など仕様に関する表記も併せて訂正しております。」


えっ!
消費電力の訂正って。
まぁ、使う分にはなんら問題ないことですが、なんでこのタイミングでの訂正なのでしょう。

a0249003_19522563.jpg

以前の記事で消費電力については記載しています。

アクアJの広告でも西日本、東日本の消費電力が記載されています。
訂正では50/60Hz共通、6ℓ/分となっています。
別にどうでもいいことですが、どうしてこういうことがきちんと表記できないのでしょうか。
っていうか、ポンプの基本スペックを把握できていなかった、ってことです。

で、他にも訂正されたところですが、

訂正前
「③・・・特にスラストは透明でスピンドルの前後にそれぞれ付いており(計2つ)、なくしやすいので十分注意してください。・・・」

訂正後
「③・・・特にスラストは透明でスピンドルの前後にそれぞれ付いており、なくしやすいので十分注意してください。・・・
*スラストの枚数は調整のためインペラの前後で異なる場合があります。組み立ての際に必要になりますので、部品を外す際はスラストの数を控えておいてください。」

って、2つじゃなくて何枚かはわからないってことですか?
なんですかこれは・・・
数を控えておけって・・・

これが高機能ポンプの中身です。
低コストの影響でしょうか。

なんともいえない、いや、やはりというべきでしょうか。

「不慣れな方」ってことに対しての回答は、

「構造自体はES-600のポンプとあまり変わりませんので、これに慣れたお客様であれば十分メンテナンスは可能と考えておりますが、今回の製品コンセプトから、初心者に近いお客様のご使用も想定されます。そのため、有償ではありますが、弊社でメンテナンスサービスも行うことを決定いたしました。」
ということでした。
まぁ、ES-600の掃除経験があれば大丈夫ということでしょう。

「メンテナンス(有償)」ってことに対しては、

「スーパージェットフィルターES-300のポンプの点検・メンテナンス費用は税別1,400円が基本料金となり、必要に応じて部品代が加算されます。」
ということでした。
税別表示って・・・
税込み1,470円です。

ES-600は過去のアクアJでメンテナンス方法が写真付きで掲載されたことがあります。
今の時代はADA viewがあるように動画アップできます。
なのでこのあたりも検討していただきたいと伝えておきました。

「アクアジャーナルやADA viewでも、できるだけ早い時期にポンプの分解、組み立て手順をご紹介することを検討させていただきます。タイミングとしては、動画のほうが早くご紹介できるかと思います。」
ってことでした。

なんだか後手後手ですが、早いこと動画を作って欲しいところです。
[PR]

by rakusitenettaigyo | 2012-12-21 20:30 | ADA製品

DIYエアレーションインライン化2本目

2012年12月21日

先日作成したエアレーションインラインキット

今日は60cm水槽用の2個目を作成しました。
次回作るときの参考として手順をまとめておきました。

a0249003_1751514.jpg

今日、ホームセンターで買ってきたもの

○T型ホース継ぎ手12mm:248円
○スドーの逆流防止弁(これがホースに接続しやすいです):397円
○プラストン:148円
○24時間タイマー:798円

家にあるもので使ったもの
○内径12mmホース少々
○バスコーク水槽用
○エアチューブ
○100均の締め付けバンド

a0249003_17115461.jpg

まずはT型継ぎ手にプラストンをねじ込みます。

プラストンがギリギリ通る内径なので結構力が要ります。
体重をかけながらねじ込む感じです。

a0249003_1713345.jpg

プラストンですが近所のホムセンでは2種類ありました。

GEXと水作のです。

で、GEXのはダメでした。

ダメな原因はプラストンに入れるエアチューブ差込ジョイント

これがGEXのは太いのでT型継ぎ手の中にねじ込むことができません。
プラストンはなんとか入るのですが、差込ジョイントが入らないで奥まで入りません。
おまけにGEXのジョイントはエアチューブ脱落予防のためのくびれが2ヶ所あって、これがねじ込んでいるときに折れてしまいます。
水作のはくびれがないので体重をかけてねじ込んでも折れません。

a0249003_17193061.jpg

T型継ぎ手を横から見て、プラストンの頭が約2mmほど出ている状態です。

ミニMのインラインもこれくらいの出っ張りでいい感じでエアレーションできています。

a0249003_17214274.jpg

プラストンのジョイントにエアチューブを差し込みます。

逆流防止弁を取り付けるだけの余裕を残してエアチューブをカットします。
約1cm弱でしょうか。

a0249003_17241168.jpg

さらに今回は水漏れ対策を万全にしました。

差し込んだプラストンのジョイント側をバスコークでシーリングしました。

a0249003_17252793.jpg

ちょっと写真ではわかりにくいです。

ジョイントと継ぎ手の隙間部分にバスコークを塗りこみました。

a0249003_17265493.jpg

T型継ぎ手にホースを差し込みます。

a0249003_17273512.jpg

ホースは逆流防止弁の差し込む長さを見込んで適当にカットします。

a0249003_17302426.jpg

逆流防止弁は2/3くらいはホース内に差し込んでしまうのがいいと思います。

しかし、今回はホースの長さがちょっと短かったので1/2くらいしか差し込めませんでした。


実はこの工程が最大の難関です。

逆流防止弁をホースの中に差し込みつつ、エアチューブにも差し込んでいく必要があります。
でも、本当はそんなに大変ではありません。
まっすぐに入れるとエアチューブにうまく差し込むことができます。

a0249003_17422618.jpg

逆流防止弁とホースの接続部分にバスコークします。

これは前回と同じ作業です。
地味にバスコークを指先でならしていきます。

a0249003_17364827.jpg

ミニMのは金属製の締め付けバンドを使っていましたが、今回はコスト削減のため100均のバンドを使いました。

これで出来上がりです。

ES-300なみのコスト削減です。
初期不良がないことを願います。

a0249003_1743516.jpg

バスコークが早く乾くように蛍光灯、メタハラの下に置いておきます。

見た目じゃありません、機能性です。
[PR]

by rakusitenettaigyo | 2012-12-21 17:47 | アクアリウムグッズ等