フィット3ハイブリッド日記2013


フィットハイブリッド日記に変わりました
by rakusitenettaigyo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
記事ランキング
最新の記事
フィットハイブリッドのリコー..
at 2014-02-23 16:50
フィット3ハイブリッドのリコール
at 2013-12-21 18:55
給油2回目冬の燃費はやっぱり悪い
at 2013-12-17 18:58
鳥の糞
at 2013-11-30 10:38
1000km超え
at 2013-11-26 19:00
カテゴリ
ブログパーツ
外部リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
リンク他
072.gifアクアリスト
THE NATURE AQUARIUM

072.gifショップ
charm本店
charm楽天市場店
ディスカウントアクア
WASABI

072.gifその他
観賞魚ブログ村
XREA.COMカウンター

昨日

トータル(2012.1.3~)

今日

ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧

ES-300使用説明書訂正

2012年12月21日

a0249003_1937338.jpg

さて、騒音騒動はなんとかクリアしたES-300

といってもうるさいポンプ音ではあります。

もう一点気になっていたのがポンプのメンテナンス方法

以前にも少し触れましたが使用説明書の中には、
「リアケーシングにスピンドルが差し込みにくくなっています」や
「スラストはなくしやすいので、作業は慎重かつ的確に行ってください。」
と書いてあります。

なかなかメンテナンスのハードルが高そうです。
で、よく読んでも分解組み立てがイメージできません。

「ES-300に限りメンテナンスに不慣れな方は、メンテナンス(有償)をご利用ください」ともあります。
有償っていったいいくら?
不慣れな方って、どれくらいな感じ?

よくわからないことだらけの説明書です。

で、またADAのサポセンに問い合わせしました。

で、返事が返ってきました。

またもや驚かされました。

「製品に付属の説明書につきましては、組み立ての手順がやりにくいとのご指摘もありましたので、早急に差し替える予定となっています。差し替え部分のPDFを添付いたしますので、こちらもご参照ください。なお、消費電力など仕様に関する表記も併せて訂正しております。」


えっ!
消費電力の訂正って。
まぁ、使う分にはなんら問題ないことですが、なんでこのタイミングでの訂正なのでしょう。

a0249003_19522563.jpg

以前の記事で消費電力については記載しています。

アクアJの広告でも西日本、東日本の消費電力が記載されています。
訂正では50/60Hz共通、6ℓ/分となっています。
別にどうでもいいことですが、どうしてこういうことがきちんと表記できないのでしょうか。
っていうか、ポンプの基本スペックを把握できていなかった、ってことです。

で、他にも訂正されたところですが、

訂正前
「③・・・特にスラストは透明でスピンドルの前後にそれぞれ付いており(計2つ)、なくしやすいので十分注意してください。・・・」

訂正後
「③・・・特にスラストは透明でスピンドルの前後にそれぞれ付いており、なくしやすいので十分注意してください。・・・
*スラストの枚数は調整のためインペラの前後で異なる場合があります。組み立ての際に必要になりますので、部品を外す際はスラストの数を控えておいてください。」

って、2つじゃなくて何枚かはわからないってことですか?
なんですかこれは・・・
数を控えておけって・・・

これが高機能ポンプの中身です。
低コストの影響でしょうか。

なんともいえない、いや、やはりというべきでしょうか。

「不慣れな方」ってことに対しての回答は、

「構造自体はES-600のポンプとあまり変わりませんので、これに慣れたお客様であれば十分メンテナンスは可能と考えておりますが、今回の製品コンセプトから、初心者に近いお客様のご使用も想定されます。そのため、有償ではありますが、弊社でメンテナンスサービスも行うことを決定いたしました。」
ということでした。
まぁ、ES-600の掃除経験があれば大丈夫ということでしょう。

「メンテナンス(有償)」ってことに対しては、

「スーパージェットフィルターES-300のポンプの点検・メンテナンス費用は税別1,400円が基本料金となり、必要に応じて部品代が加算されます。」
ということでした。
税別表示って・・・
税込み1,470円です。

ES-600は過去のアクアJでメンテナンス方法が写真付きで掲載されたことがあります。
今の時代はADA viewがあるように動画アップできます。
なのでこのあたりも検討していただきたいと伝えておきました。

「アクアジャーナルやADA viewでも、できるだけ早い時期にポンプの分解、組み立て手順をご紹介することを検討させていただきます。タイミングとしては、動画のほうが早くご紹介できるかと思います。」
ってことでした。

なんだか後手後手ですが、早いこと動画を作って欲しいところです。
[PR]

by rakusitenettaigyo | 2012-12-21 20:30 | ADA製品
<< エアレーションインライン&スピコン DIYエアレーションインライン... >>